アスコルビン酸って何?

m004-035

アスコルビン酸といっても聞いたことがあるような、無いようなという人も多いのもしれませんね。健康や美容に興味を持っているという人なら聞き覚えがあるという人がいるかもしれません。

でもちょっと言い方を変えれば、「あー!」と納得する人が多いのがアスコルビン酸です。

アスコルビン酸とは、実はビタミンCのことになります。きっと、「あー」と思った人は多いですよね。

ビタミンCというと健康にも美容にも欠かすことができないものとなっています。でも、なぜ必要なのかというと良くわからないという人もいるのかもしれませんね。


アスコルビン酸の働きは?

アスコルビン酸は、コラーゲンを生成するために必要となる栄養素です。コラーゲンというと美容というイメージもありますが、美容のためだけでなく、健康な体のためにも重要な役割を持つのです。

コラーゲンは細胞、皮膚、骨、血管の健康な状態で保つために必要な成分となります。その生成に必要となってくるアスコルビン酸が重要となることも分かるでしょう。

また、アスコルビン酸には、免疫力を強化するという働きもあります。さらにストレスに強い体を作るためにもアスコルビン酸は欠かすことができないものとなっています。

ストレスが体にとって、怖いものであるということは良く知られていますが、人間の体はストレスにさらされることで体を守る働きをします。

この働きにもアスコルビン酸が関わってきます。

まず、人間の体はストレスにさらされることでストレスに対抗するためにアドレナリンが分泌されます。このアドレナリンの生成のために必要となってくるのが大量のビタミンCということになります。

ゆえにアスコルビン酸は美容だけでなく健康のためにも重要な成分というわけですね。

参考)肌に優しい化粧品


アスコルビン酸の効果は?

m004-035

アスコルビン酸は、簡単に言うとビタミンCのことになります。このビタミンCの効果というと、どういったことがあるのでしょうか?

ビタミンCというと美容には欠かすことができないものです。一昔前には、レモンなんかを顔にパックするなんていうこともありましたよね。これがどこまで効果のあるものであるのかは何とも言えませんが、ビタミンCが肌に良いということは以前から知られているということです。

でも、アスコルビン酸には、美容に効果があるだけでなく他にもいろいろな効果が期待できます。

アスコルビン酸の効果として期待されているのが、

  • 酸化予防
  • コラーゲンの合成
  • 癌予防

などがあげられるでしょう。酸化防止というのは、体が酸化するということは知られるようになってきましたが、アスコルビン酸には、この体の酸化を防いでくれるという効果があります。


アスコルビン酸で健康な肌をつくる

アスコルビン酸の効果の中でも注目したいのがやはり美容効果でしょう。そこで必要となってくるのがコラーゲンの合成です。

コラーゲンが生成される時に必要となってくるのがアスコルビン酸ですが、アスコルビン酸が減少してしまうとコラーゲンが生成されにくくなってしまい、肌の弾力が失われることになります。

ただ、このアスコルビン酸は、人間の体で作り出すことができず、外から入れないといけないものとなります。さらに、水溶性のビタミンとなっていることから、摂取してもそれを体に蓄積しておくということができません。つまり健康や美容のためには意識して摂るようにすることが必要ということです。

美容のためにコラーゲンを摂るようにしているという人も多くなっています。コラーゲンを摂るだけでなく、アスコルビン酸を摂るようにすれば自分の体でのコラーゲンの生成にも役立ってきます。

アスコルビン酸には、シミやソバカスといったものを予防したりする働きもありますから、美容と健康のために意識するとよいでしょう。


アスコルビン酸について

82bc53ebb6afe856b990225c08051fd7_s

アスコルビン酸を摂るには?